close

おくのえいこ オフィシャルサイト

おくのえいこ ブログ
最新記事
月別アーカイブ

3年目を迎えて

2014.04.17

早いもので、当選から丸3年が経過しました。

節目に当たり、改めてお力添えを賜っております皆様に感謝申し上げます。

この3年間、議員として、特に少子化対策、教育や障がい者福祉の分野等に取り組んできました。

不育症(習慣性流産)の支援窓口の創設や県における不妊治療制度の見直し

第3子以降の3歳までの保育料の無料化

また県の職員採用試験における制度改正(点字受験の実施開始)

南海トラフ地震をはじめとする大規模災害を想定した被災者受け入れマニュアルの策定・・・など

議会で提案したものが形になったことは、皆様からのご支援の賜物と感じています。

 

さて現在、取り組んでいる課題のひとつに特別支援教育があります。

特別支援学校はもちろんですが、地域の学校の特別支援学級や通級に対する支援を

より一層充実させなければならないと感じています。

 

今年4月から改正学校教育法が施行され、

専門家たちとの協議の上、障がいのある子供たちが

本人や保護者の意向で学校を選べるようになりました。

(これまでは、就学前診断で該当の障がいが確認された場合、原則特別支援学校へ。あくまで地域の学校への就学は特例措置でした)

このことにより、今後、子供たちの「地域で学びたい」というニーズは増加することが予想されます。

そして地域の学校はそのニーズに対応していかなくてはなりません。

また近年クローズアップされている

発達障がい(自閉症やアスペルガー症候群、多動衝動性注意欠陥障がい、学習障がい)のお子さんは、

そもそも特別支援学校で学ぶ対象外になっているため、地域の学校に在籍しています。

しかし現状では、地域の学校における特別支援学級、また通級の担任のうち、特別支援教育の専門免許状を保有しているのは、小学校でおよそ3割、中学校に至っては1割強に留まっています。

もちろん、先生方には現場で経験を積み、ご尽力いただいておりますが、

専門の勉強をし、知識技能をより身に付けやすくする環境作りや、

学生時代に特別支援教育の分野をもっと勉強してもらうということも必要だと感じています。

ニーズに現状が追い付いていないというのが、富山県だけでなく全国の傾向です。

特別支援教育は、障がいのある子供たちへの支援と捉えがちですが、

本来これは個々の教育ニーズに対応するということ、

すなわち、どんな子供にも対応できる教員を育てることは、

すべての子供たちにとってプラスになるわけですから、

特別支援教育へは引き続き力を入れていきたいと考えています。

今任期も残すところ1年。

議会で取り上げたい話題はたくさんありますが、

ひとつひとつ丁寧に準備をして臨みたいと思います。

今後ともご支援賜れれば幸いです。

【詠桜会】 総会・懇親会のお知らせ

2013.10.04

仲秋の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

日頃より、県議会議員奥野詠子ならびに、同氏を支援する後援会の諸活動に深いご理解を賜り、心より御礼申し上げます。

さて、奥野詠子は富山県議会においては教育警務常任委員会の副委員長ならびに、自民党富山県連の青年局長に就任され、益々の活躍を期待されております。

つきましては、下記の通り『奥野詠子後援会 詠桜会総会・懇親会』を行いますので、ご繁忙の折とは存じますが、何卒ご臨席を賜りますようお願い申し上げます。

                                           詠桜会 役員一同

          

日時:平成25年10月26日(土)

       午後16時から 総会(15時半より受付開始)

       午後17時から 懇親会(立食形式 1時間半程度を予定)

会場:グランテラス富山(旧名鉄ホテル)

会費:5,000円(総会のみご出席の方は会費は必要ありません)

                                      以上

祝 東京オリンピック・パラリンピック招致

2013.09.09

きのう、2020年のオリンピック・パラリンピックの東京招致が決定しました!
前夜はテレビの前でどきどきしながら、
日本の五輪招致委員等の最後のスピーチを聞きました。

プレゼンされた皆さんは各々の立場から、
五輪の東京開催を訴えるものでしたが、
みなさんが口々に言われた
『スポーツには希望がある』ということが何より心に響きました。

多くのアスリートと応援する人たちが、
オリンピックという舞台で夢を見るわけです。

経済的にもこれ以上ない好材料ですが、
それ以上に、7年後の東京開催を目指して、
日本のスポーツ界は大きな発展を遂げることと思います。

富山県も平成26年度末の北陸新幹線開業をはじめ、
大型施設の大規模改修等、大掛かりな課題が多々ありますが、
今新たに、
「富山県から東京オリンピック・パラリンピックの出場選手を輩出する」という、
またとないチャンスを得ることができました☆

富山県としてこのチャンスをしっかりとものにして、
富山県のみなさんと一緒に応援できるよう
いろいろな取り組みを提案・応援していきたいと思います

余談ですが、大学の卒論で、
「障がい者スポーツはエンターテイメントとして成り立つか」という論文を書きました
(作文という程度のものだったかもしれませんが...苦)

これは実際に競技を観た方でないと、
なかなか実感がわかないかもしれませんが、
やはりというか、もちろんというか、当たり前にアスリートなのです。

ハンディというのは、スポーツをする上での条件でしかなく、
能力や技術を競うという意味では、健常者のスポーツとなんら変わりありません。

普段なかなか観戦するきっかけがない方も多いと思いますが、
この東京オリンピック招致を機に、パラリンピックにも関心を持っていただけると、
個人的にも嬉しく思います。

さらに余談ですが、
去年のロンドンパラリンピックのCMはとても気に入っています。
まだYouTube等でみれると思いますので興味のある方もないかたもどうぞ!

はだしのゲン

2013.09.03

話題の「はだしのゲン」を大人買いしました。

松江市に端を発する「ゲン」騒動で、本の売り上げが大幅に増加しているそうですね

 

私が「はだしのゲン」を初めて読んだのは、小学校5年生の時でした。

当時の担任の先生が、私物である「ゲン」を教室に置いていました。

本について、先生からどんな説明があったのかは忘れてしまいましたが、

みんなで休み時間毎に回し読みしていた記憶があります。

 

私がぼんやりと覚えている中で、一番印象に残っているのは、

子供たちだけでも、どんな状況であっても生き抜こうという、

生に対する執念だったり、逞しさであったりします。

 

もちろん、戦争の悲惨さや原爆の恐ろしさ、平和の尊さが描かれていたのでしょうし、

ストーリーや描かれているエピソードも場面場面で思い出せるのですが、

生に対する執念といった方が強く残っています。

 

当時は10歳やら11歳であったので、描写が強烈だったような気もしますが、

そこにはさして嫌な印象は残っていませんし、果たして自虐史観を想起させるものだったかというと、

子どもの私にとっては、そこはあまり覚えておらず、

なんとも言えないというのが正直なところ。

ということで、この機会に改めて読み直してみようと思い立ったわけです。

この歳になって読んでみると、当時とは違った視点で見えてくるものがあるはず。

 

さて話はちょっと変わりますが、実は私は広島に行ったことがありません。

長崎に行ったこともありません。

ちょうど中学校の修学旅行で、私たちの学年から広島日程が消えました。

学生時代、広島を訪れたことのある母は、いまでもひとの影が焼き付いていた光景が忘れられないと言います。

当時からどう考えても実体ではない影が、どうして焼き付いて残るのかわからないけれど、

普通に考えてはわからないようなことが起き、傷跡まで残っている、これが現実なのだと思ったのだと。

 

ちなみに私は沖縄が好きで、ひとり旅などをしていたときに、ひめゆりの塔には何度か行きましたが、

原爆被害に対しては、その衝撃とはまた違ったものがあるようです。

 

個人的には子供たちには、本を読んでから(別にはだしのゲンでなくてもよいのですが)、歴史を知ってから、

現場に足を運ぶことで、様々なことを感じ取ってくれるのではないかと期待します。

そして当時はわからないことが多くとも、大人になって再び訪れた時に、

また新たな積み上げができるのではないかと考えます。

 

自虐史観を含む近現代史の認識の問題や自衛権をはじめとする憲法改正の問題は、

いま日本を考える上で欠かすことはできません。

 

今年こそ!「はだしのゲン」を読み直した暁には、広島、長崎に行きたいと思っています。

【詠桜会】 秋のわくわくお楽しみツアーのお知らせ

2013.07.31

みなさん、こんにちは!
詠桜会では皆様と懇親を深めるために
秋のわくわくお楽しみツアー(1泊2日)を企画しました

第二次大戦末期、国家中枢機能移転のために掘られた
極秘地下坑道跡である「松本大本営跡」(松代象山地下道跡)をはじめ

日本で最も古い小学校の一つである
旧開智学校などを巡りながら

本人たっての希望により
「巨峰狩り」を含んだ行程となっております

これを機会に、みなさんとゆっくりお話したいと思います
席に限りがありますので、参加希望の方はお早めにお申し込みください

詳細は下記のファイルをご確認ください
みなさんのご参加を心からお待ち申し上げております

詠桜会 役員一同

秋のわくわくツアー.pdf

秋のわくわくツアー裏面.pdf
 

はじまりました!参院選

2013.07.05

きのうから参議院議員選挙が始まりました。

自民党富山選挙区の堂故茂候補の富山市会場の出陣式にて、

ガンバロー三唱の音頭を取らせていただきました。

県連の青年局長ということで。役得です(笑)

 

雨男として有名な堂故候補の出陣式は、なんとか踏み止まった晴れ間のうちに

開催することができましたが、まあ暑かったです・・・

お越しいただきました皆さま、本当にありがとうございました。

 

さて、今週もずっと30度超えとの予想ですが、

夏バテ(まだ梅雨ですが)などせぬよう、がんばりましょう!

 

ところで、ここ最近、選挙の度に課題に挙がるのが投票率です。

昨年から振り返っても、知事選や衆院選、各地方選挙ともに

少しずつ伸び悩んできている状況です。

 

そこでひとつっ!

「棄権はいけません」

 

なぜ棄権者が多いのか、

なぜ若者層は投票に行かないひとが多いのか・・・

 

いろいろ理由はあるのでしょうが、

とりあえず、それを横に置いておいても、

権利を行使するという意味においてだけでも、

とにもかくにも、

私は白票を投ずるためにであっても投票には行くべきと考えています。

 

いまでこそ、日本国民であれば20歳以上の男女すべてに

投票権があるのが当たり前の社会です。

いまの20代、30代、みーんなそう思っています。

当たり前に与えられているから、簡単に棄権するのだと思うのです。

 

日本では戦前まで、選挙で投票権を持っているのは、ごくごく少数の

お金持ちだけ。しかも男性だけ、という社会でした。

これは高額納税者だけに与えられる権利、というところから来ています。

 

これが大正14年、ようやく納税要件が撤廃され、

25歳以上の男子となりました。

まだまだ男性のみです。

 

そして昭和20年、現在の日本国憲法になってはじめて(戦争に負けてはじめて)、

20歳以上のすべての男女、

つまり女性にも選挙権が与えられるようになったわけです。

 

戦前であっても、国を、地域を、生活を、考えたい女性はいたでしょう。

高額納税ができなくても、国を、地域を、生活を、考えていた男性はもっと多くいたでしょう。

 

でも、選挙権がなかったわけです。

 

このような歴史を知れば、ようやく得た権利を簡単に放棄することの

愚かしさに少しは気づくでしょうか。

 

そう、まだ「たった67年」しか経っていないのです。

 

日本国民の20歳以上の男女すべてに選挙権が与えられた当初、

投票所へは生まれたばかりの子供を背負ってでも投票に行くという女性が

数多くいらしたそうです。

投票所に託児スペースを設けたところもあったそうです。

 

投票先がないなら、ない!という意思を、投票によって示すべきです。

そこまででない方は、ぜひ自民党を応援していただきたいのですけれど(笑)

 

さあ、選挙です!!

 

憲法記念日

2013.05.03

今年に入ってから、TwittrやらFacebookやらを始めてみたら、
ブログがずいぶんとお留守になっていました。

きょうは憲法記念日。
メディアでは一斉に憲法改正について取り上げています。
安倍総理は、憲法改正を夏の参院選の争点のひとつと
位置づけています。
憲法改正は、自民党結党の理念でもあります。
日本を取り戻す、すなわち日本人の誇りを取り戻す上で、
憲法改正は不可欠であると考えます。

そもそも日本国憲法の成り立ちについて、私たち日本人は
どこまで正確に認識しているのでしょうか。
恥ずかしながら、私は大人になってから知りました。
日本国憲法は、日本人が考え、日本人の手でつくったものなのか・・・
違います。
日本国憲法が作られたのは、日本が主権を回復する前のこと。
GHQの支配下にある中、当時の司令官マッカーサーの指示のもとに
つくられたものです。
問題は、この日本国憲法が主権を回復した後も、
結局66年もの間、まったく手つかずだったことだと思っています。
主権国家を謳った国で、自主憲法を持たないのは、日本だけです。
先進国、経済大国として、世界を牽引してきたはずの日本の実情がこれです。

そしてもうひとつ、自衛隊の位置づけの問題があります。
日本国憲法第9条には、戦争の放棄と戦力不保持、そして交戦権の否認が定められています。
政府の見解では、憲法は自衛権の放棄を定めたものではなく、自衛のための必要最小限の能力は、
9条でいう戦力には該当しないとしています。
憲法上、様々な制約がある中で、自衛隊は軍隊とは異なるものとして扱われていますが、
国際法上は軍隊と認識されされています。
なんともおかしな状態なのです。
自民党草案の国防軍という言葉に過剰な反応を示す方もいらっしゃるようですが、
国際法上、つまり日本人以外は、日本はすでに軍隊を持っていると捉えているのです。
このことを踏まえて考えれば、例え9条を改正したとしても、それは交戦国となることを
指すのではなく、自衛隊の位置づけを正しくすることにほかならないと考えます。

また日本が置かれている現状も踏まえて考える必要があります。
近年、新聞やテレビで、尖閣諸島や竹島をめぐる領海侵犯が報道されています。
しかし、領空についてはどれだけ知られているでしょうか。
去年一年間のスクランブルの回数を自衛隊が公表しています。
その数ざっと570回。
ロシアの戦闘機接近によるスクランブルが250回、中国は民主党政権になった
この3年間で3倍にも増え、300回以上にも上るとのこと。
そのほか台湾機などに対応して、航空自衛隊が緊急出動しています。
これは毎日どこかの戦闘機やらが日本上空付近を飛んでいることになるのです。
このような危機にさらされている中、攻撃を受けないと対抗することができない現行憲法、
日本近郊で、またはPKO等の派遣先において、手を携えている国が攻撃されても
見て見ぬふりしかできない現行憲法ははたしてふさわしいのか、
憲法改正を頭ごなしに否定する前に、しっかりと考えるべき事柄です。

私たちは普段、島国の呑気さもあってか、自分たちの生活が、ほかの国の脅威にさらされているということに
非常に無頓着です。
その呑気な国民を誰が守ってくれているのかということについても。
永久中立国であるスイスでさえ国防軍を備えていますが、これはすなわち、どこの戦争にも
加担をしないが、自国に危害を加える国には武力を持って、徹底抗戦するという意思表示であり、
その武力を示しているからこそ、侵略されないという側面もあるのです。
平和を守るために、領土、領海、そして国民の命を守るために、そして他国と対等に外交を行うために
必要な能力はしっかりと持つ、そして権利は明確に憲法に明記するべきと考えます。

そしてもうひとつ、どうしても記しておきたいのが、国家の捉え方です。
憲法は国家、すなわち政治家と公務員の暴走を抑制するものであって、国民を縛るのは大間違いであり、
自民党草案は国民を縛るためものだから、絶対に憲法改正してはならないと憚らない方々もいらっしゃいますが、
そもそも国家とは、国民と領土と主権を持って国家というわけです。
勘違いも甚だしい。
憲法とは、理想の姿を思い描き、それに近づくためのルールブックです。
それは誰をどう縛るというものではなく、政治家も公務員もそもそも一国民なわけですから、
全国民が憲法の後ろに見える理想の国づくりのために力を尽くすというものに他なりません。
当たり前のことです。
さらに行き過ぎた個人主義が問題として指摘されてきた昨今、震災での経験も踏まえて、
個人という価値観だけでなく、家族や地域や人と人とのつながりにも価値を置こうという概念を
盛り込んだものが、個人軽視であると受け止めるものの見方。
一体、そのように受け止める方たちは、震災を乗り切る、さらに復興への力と掲げた絆という言葉、
あのひたむきで尊い日本人の姿から、何を学んだのでしょうか。

私は自民党の結党の理念である憲法改正、教育改革といった柱に共感し、
自民党籍を持ちました。
この機会に、改めて多くの方とともに現行の日本国憲法について考えていきたいものです。

謹賀新年

2013.01.03

明けましておめでとうございます。
雪のないお正月だと思っていたら、
あっという間の銀世界。
さすが北陸、富山の冬ですね。

昨年も大変多くの皆様に支えていただいた一年でした。
この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

慌ただしい年末年始の合間に、去年一年を振り返ると、
本当に充実した年だったなぁと感じます。

私事で言えば、去年ようやく実働を伴った後援会を
立ち上げさせていただきました。
心強い仲間も増えて、今年の本格始動に向けて計画を練っているところです。

議会活動では、常に勉強勉強の一年でしたが、誠心誠意取り組ませていただきました。
春には、議会で取り上げてきた不育症の専門医相談窓口を設置させていただくことが
できましたし、秋には、3人以上の子供がいる多子世帯への保育料軽減措置実施という
知事答弁もいただくことができました。
そのほか、障がいのある方への就労支援、機会の確保等についても、
一定の提案ができたのではないかと思っています。
それらについても、視察等を快く受け入れ、たくさんのご意見を寄せてくださった
自治体や各種団体の皆様あってのものだったと、改めて感謝申し上げます。

そして何より去年は選挙の年でもありました。
県知事選や砺波、南砺の両市長選、南砺市議選、そして師走の総選挙。
お力添え賜りました皆様に重ねて御礼申し上げます。
国難と言われる時代、政治への信頼が揺らぐ中での選挙でしたが、
それぞれの選挙の応援をする中で、私自身も政治や地域の皆様と一層真摯に
向き合っていく重要性を再確認させていただきました。

たくさんの方の想いを形にすることが仕事です。
真っ直ぐに、妥協をせず、信念を貫く――。
初心を忘れることなく、新生自民党の一員として精進いていく所存です。
今年はさらに多くの方と活動をともにできることを楽しみにしています。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

質問予定

2012.09.22

9月24日10時から

予算特別委員会にて質問に立たせていただきます。

持ち時間は1時間です。

①職員採用等について

②少子化対策について

以上ふたつの大項目を予定しています。

傍聴のほか、ケーブルテレビでも中継していますので、
お時間がありましたら、ぜひ。

後援会設立のお知らせ

2012.09.08

奥野詠子後援会「詠桜会」設立のお知らせ

議会以外の場での活動にも、今後はより力を入れていきたいということで、
正式に後援会を立ち上げていただくことになりました。

詠子の詠に、選挙の時からイメージカラーとして使ってきたピンクにかけて
「詠桜会(えいおうかい)」という名前となりました。

設立総会は、10月6日(土)13時半から名鉄トヤマホテルで行います。
詠桜会の幹部メンバー予定者には、30代が多く、若い分だけ手探りではありますが、
まわりの皆様のサポートをいただきながら、私自身も同じ目線で二人三脚活動していきたいと
思っています。

また設立総会当日には、第二部として14時半から富山グラウジーズの黒田祐代表の特別講演、
および黒田氏と奥野の対談
を予定しております。

黒田氏には「プロスポーツが富山を元気にする~子供たちの未来のために~」と題して
ご講演いただくことにしています。

ちなみに飲食はありませんので、入場、ご参加は無料です。

もしお時間がありましたら、ぜひお立ち寄りください。

Top